スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

復活しました

激務期間終了しました。
この3連休は、ゆっくり休みます。

昨日は、天気がよかったので洗車。
道路が混み過ぎで、出かける気力が起きなかったし・・・。

で、ちょっと前に、発見したNinja250Rのクーラント漏れ。
結構多い症状らしい。
大きな問題ではないけど、
ウォーターポンプに使用しているメカシールが怪しいらしい。
もう少しよく見てみようと思う。

さてさて、今シーズンは「テーマツーリング」に挑戦しようと思う。
漠然としたツーリングじゃなくて、
課題を自らに課して達成を目指すツーリングのことだ。
そんな言葉が存在するのか怪しいけど、
INTERはそのように命名することにした。

で、明日、その第1回をやってみよう。
題して、「県道だけを走行して宇都宮餃子を食べに行くと家を出てから何時間後位に食べることが出来るのか?」

レギュレーション
1.特に、餃子にこだわりがあるわけでもなく、
 お店は空いているほうがいいので、
 チェーン店のようなお店もでいい。
 ただし、宇都宮餃子の文言が看板に掲げられているお店であって、
 宇都宮市内の店舗であること。
2.原則、県道以外を走行してはいけない。
 ただし、県道を繋ぐことが不可能な都市部においては、
 国道を走行しなければ可とする。
3.ナビゲーションシステムは使用不可。
4.Uターン不可

アホな感じですが、
結構、楽しめるんじゃないでしょうか?
はたしてどうなるのか、まずは明日のレポをお楽しみに!

スポンサーサイト

夢の企画

え~、遂にカテゴリーを作ってしまいました。
頭の中で妄想が暴走しているので、
カタチに残しておきたいと思ったもので・・・・。
ただし、企画倒れに終わる可能性大(笑)。

もちろん、本当に実現できたらスバラシイと思うわけですが、
もし、ただの妄想に終わったとしても、
それでも、チャレンジすること自体が楽しいかもしれない。
さて、記念すべき企画の第1回目は排気量について軽~く考えてみました。

GPz900Rの排気量は908cc(正確には約907.75cc)。
ボアXストロークが72.5X55.0
コレにピッタリ嵌るエンジンは当然のように見当たりません。

今回の企画のベースマシンとして考えた水冷のNewZシリーズがデビューしたのは2003年。
かなり衝撃的なデザインで、インパクトが強いな~と思っておりました。
Z1000のエンジンは、ZX-9Rをボアアップしてインジェクション化したもの。
ボアXストロークが77.2X50.9です。
ZX-9Rは、というと、75.0X50.9
Z750は、68.4X50.9ということで、この3車のストローク量は全く一緒なのでした。

もし、ストローク量を変えずに、
GPz900Rと同じ排気量の908ccにしようとすると、
ボアを75.3mmにしてやればイイという計算になります。
そうすると、GPz900DAEGは、初代Ninjaと比較して、
かなり高回転型のエンジンになるのでしょう。
しかしながら、そんなピストンは実際には存在しないので、
これは儚い夢と消えそうです。

もう一つ考えられるのが、ZX-9Rのピストンをそのまま移植して、
Z750のシリンダーをボアアップしてやれば、899ccのエンジンになるというものですが、
そのまま可能なものなのかどうか、なぞは多い。
これが実用性のあるアイデアなのかどうかを判断するためには、
かなりの調査が必要のようです・・・・。

そもそも、750をボアアップするなら1000を選んだら?
という考えが一般的なんで、
こんな風に900ccに拘った考え方をするヤツは皆無と思われ(笑)・・・。
なおかつ、カワサキ直営関係では、純正流用は教えられないということで、
この答えを出すためには、
実際にやってみるしかないようです(涙)。



テーマ : バイク
ジャンル : 車・バイク

今なんとなく想い描いていること

前にもGPz900DAEGの希望を記事にしましたが、
今は、生産中止の相次ぐメーカーに希望を持ってもダメかも・・・と思い始めています。
ホントに欲しいと思えるバイクを探すのが大変なんじゃないかと思うなか、
暴挙に出ようかと考え中です・・・・・。

Kユニコーン(最近再結成したバンドじゃないよ(笑))は、
昔から、KATANAのスタイリングにこだわって、
ず~~とSUZUKIの最新マシンをベースにした、
KATANAモデルを作ってくれている。
今もまだ、ユニコーンジャパンとなって
GSX1400やイナズマなんかをベースにしたKATANAを作ってくれています。

だから、あのKATANA(GSX1100S)だけの独特のスタイリングがお好きな方は、
今のバイクの性能とスタイリングの満足を両立できるわけで、
ホントにうらやましい限りです。
KAWASAKIは、やたらめったらNinjaを連発しているので、
GPz900Rには、GSX1100Sのような絶対無二のイメージが薄いのがチョット悔しかったりする。

何れにしても、
なんちゅうか、スーパースポーツ(SS)じゃないけどネイキッドじゃない、
そんなスタイリッシュ・ストリート・スポーツ、
頭文字をとって、いわゆるSSSが世に存続すべきだと思うのです。

こういうモデルのミソはあくまでもスタイリングにあるので、
パーツは流用でもかまわない。
とにかく、カッコイイデザインにこだわるのです。
排ガス規制やら音量規制やら、
新モデルを作るのがやたら大変なときだからこそ、
せっかく厳しい規制をクリアしたエンジンを大切にして、
デザインやコンセプトで勝負するというのもありなんじゃないでしょうか?

今まで、INTERが見てきた数々のバイクたちの中で、
GPz900Rほどデザインに惚れたバイクはありませんでした。
だから、この秀逸なデザインを最新のテクノロジーと融合させたい。
そんな思いが高まるのです。

INTERが思い描いているイメージは、
コイツと
gpz900r_1985redblk02.jpg
Kawasaki GPZ 900R A2 Modell 1985
コイツ(BEETのHPより)の融合です。
z750_01.jpg
やってやれない事はないはずです。

KAWASAKIがやらねば、INTERがやる(笑)!

テーマ : バイク
ジャンル : 車・バイク

2010年、kawasakiに期待するモデル

ここ数年、INTERがず~~~っと願っていたたった一つのことがある。
それは、GPz900Rの復活です。

今でも、INTERがNinjaという単語を聞いたら、
最初に連想するのが、今乗っている250や、
MotoGPやSBKでお馴染みのレーサーではなくて、
実はGPz900Rなんです。
今の過酷な規制をクリアした、最新のGPz900Rに乗ってみたい。
そう思い続けているのです。

ZX10Rがラインナップされているんだから可能なはずだ。
あんなオーバースペックはいらんので、
もっと公道で走りやすいデチューンをしてもらって、
あの、カコイイスタイルを21世紀に再現して欲しい。
それが、INTERの愛するKAWASAKへ向けての願いなのです。

もし、ZRX1200DAEGが日本専用モデルとして存在できるなら、
その次は、正常進化したGPz900DAEGでお願いしたい。
未曾有の不況と言われるこの世の中で、
Ninja250Rがそれなりに好調なわけで、
新しいとても有望なライダーたちが育っている中、
彼らが次に乗りたいと思える夢のあるバイクが絶対に必要だ。

今のZX10Rは、やっぱりサーキットで走って楽しいバイクだと思うので、
かつてのGPz900Rのような、
カッコイイ、フルカウルのストリートスポーツモデルが存在して欲しい。

2010年のKAWASAKIにそれがラインナップされることを切に願うINTERでした。





テーマ : バイク
ジャンル : 車・バイク

復活

Ciao!

INTERです。
いろいろ、書きづらくなってしまったので、
ここで、復活することにしました。
探してくれた皆さん、ありがとうございます。
何事もなかったかのように、
The Biker's Blogの続きを書いていきます。

このブログでは、
ひたすらバイクを愛し、
ZRX1200R、1400GTR、ZRX1100、KSR110、Kawasakiのこと、
それから、MotoGP、ミニバイクレース、講習会、ツーリング、バイクグッズ、バイク屋さんなど、
バイクに関わるありとあらゆることに首を突っ込んで、
素直な感想や実況を書けたらいいなと思っています。

しばらくは、あまり時間がないので、
更新サボリ気味になってしまうかもしれませんが、
春になったら、ガンガン行きますので、

今後ともどうぞよろしくお願いいたします!

テーマ : バイク
ジャンル : 車・バイク

Race
Race
カレンダー
06 | 2017/03 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

INTER

Author:INTER
イタリアかぶれの癖にKawasakiをこよなく愛し、MotoGPライダーを究極に尊敬し、そして、黒と青(NERAZZURRO)にこだわる男。

車暦
KAWASAKI Z400GP
SUZUKI GSX400F
HONDA VT250F
YAMAHA RZ250R
HONDA XLR250R
KAWASAKI ZZR400
HONDA CB750(RC42)
SUZUKI ADRESS110
KAWASAKI ZRX1100
KAWASAKI KLE400
YAMAHA TRX850
KAWASAKI KSR110
KAWASAKI 1400GTR
KAWASAKI D-Tracker125
HONDA XR100 MOTARD
バイクと共に人生歩みたい!

最近のコメント
最近の記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
フリーエリア
カウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター
パジャママタニティ用品パソコン周辺機器パソコンアクセサリー激安生活家電av機器 通販DVD・HDDレコーダーパーティーグッズペット用品サングラス
都道府県別アクセスランキング

ジオターゲティング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。