スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナビゲーションどうする?

Tiger800に装着するNaviについて考えている。

Zumo550は、すでに1400GTRに装着済みであったものだけど、
そんなにNavi頼らないので、コレでいいかなとも思ったりする。
迷うのもツーリングの楽しみの一部と思っているドMですから。
そうは言っても、さすがに紙の地図を持ち歩くのは邪魔だ。
でも、如何せん、City nvigatorが古すぎる。
City Navigatorを最新版にするためには、約20,000円。

マウントも新たに必要だ。
ただ、マウントに関しては、随分いいものがいっぱいあって、
お値段もお手ごろだ。

う~ん~、550でいいのかな~。

一時は、550を売って、660とも考えた。
それは、純正オプションのGPSホルダーが660用となっていたからで、
それほど考えたわけではない。

で、660との違いを検証してみた。
軽い、画面が大きいなどは魅力的な要素だけど、
決定的な要素ではないし、
現在位置が、時間差なく正確に把握できて、
交差点で必要な情報が得られれば、
Bluetoothがステレオとか、3Dとか興味ありません。
GPSの精度がそれほど変わらないのであれば、
550でもいいかなと・・・。

ユピテルも防水、防塵を謳ったニューモデル
MCN43siを出していて、かなり良さげ。
お値段も660より安い。
ただ、機能的にはいくら良くても、
フィッテイングはちょっと困ってしまいそう。
ネジで固定するとか言ってるし。

GARMINの場合は、
TOURATECHがロック付ホルダーを販売しているので、
振動の吸収と、走行中の脱落防止、停車時の盗難防止と言う意味で、
これがあるとないとでは、相当な使い勝手の違いがある。
モーターサイクル用のナビとして、
一番基本的な機能が重要だと思っているから、
INTER的には、いくら便利でもユピテルの選択はあり得ない。

550は売っても1~2万くらい。
それで、660のお値段約7万は下らないとしたら、
これは、もう地図のみ更新が有力。

770が出たら考えよう・・・カナ?
スポンサーサイト

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

ブルターレのリアフェンダー

現在、走行900kmです。
相変わらず、走りは最高です。
大分、慣れました。
で、唯一、なぜ・・・と言いたくなったのが、
リアフェンダー。

ちょっとした水たまりを踏んだだけで、
リアサス周りはデロデロになる。
別にカーボンでなくていいから、
さすがにノーマルで必須なんじゃない?
ほんと、実用的に、リアフェンダーが欲しい。

ということで、本日、装着しました。
基本的にカーボンしかないんですが、
ドライとかウエットとかどっちでもいいと思う。
そんなに強度が関係ある部品だとは思えないし、
正直、パッと見てもわからん。
ましてや、たとえFRPであったとしても、
普通に走っていて違いがわかるとは思えん。

で、クレアツィオーネのウエットカーボンを選択。
何せ、形が大きくてフェンダーとしていちばん機能してくれそうだった。
コレ、いいんじゃない?

多くの、アグスタのアフターパーツは、
実用的というより、なんというか見栄みたいなパーツが多くて、
ほとんど必要と感じない。
そもそもが、いいバイクなんで、
弄りたいと思うところが本当にない。
限りなくノーマルに近い状態で乗り続けたいと思う。
あとは、クラッチを少し軽くしたいんで、マスターかな。

それは、ま、追々ということでいいか・・・。



テーマ : バイク
ジャンル : 車・バイク

Tiger800を選んだ理由

1400GTRの次のツーリングバイクに期待したのは、
快適性と機動性のバランスだった。
快適性ということで考えたら、1400GTRを降りる理由はなかったと思う。
ただ、1400GTRの場合、機動性を犠牲にした上での快適性であったとも言えるかもしれない。

そんな事をぼんやり考えていた時に、
突如、Brutaleがやってきたもんで大混乱した。
もちろん、Brutaleは最高のバイクで、大満足しているわけだけど、
一方で、Brutaleがあまりに全く違うバイクで、
1400GTRの穴を痛切に実感させられたわけです。

正直、Tiger800に至るまで、考慮したバイクは数多い。
1.Kawasaki Versys 
2.Aprilia Mana850
3.Ducati Multistrada1200T
4.BMW F650GS
5.Triumph Tiger1050
6.Benelli Tre899K
7.MotoGuzzi Stelvio
8.Yamaha XT1200Z
9.Honda Deauville700V
10.Suzuki V-Strom650V
11.KTM 990SMT
12.Husqvarna SMS630

まず、ベネリは現状では安心して買えないバイクということで、
非常に魅力的でとっても興味があったのに、真っ先にボツ。
次に、BMWは何かしっくりこない。
非常にあいまいだけど、デザイン的にすべてがINTERの間逆という印象で、
ゴツゴツしすぎた感じのカタチ的にボツ。
mana850は、実際に跨ってみたしエンジンもかけたけど、
エンジン音が、まさにビクスクそのもの。
瞬間的に萎えた。
ハスクは、さすがに公道で乗るのは怖くなった。
KTMはきっといいバイクなんだと思うけど、
それ以前に、ジャイアンツを思わせるあのカラーリングに萎えた。
Multistradaについては、かなり研究したけど、
やっぱりDucatiは、ツーリングバイクとしては、
そこまで心酔できなかったのとツインの壁。

なんだかんだ、いちゃもんつけてる感じになったけど、
とにかく、結論として、このクラスの排気量では、
2気筒というエンジンレイアウトが、
INTERの性に合わないのだろうという結論に達した。
かといって、4気筒では重過ぎる。
そうは言っても、ちょっと前まではこのどちらかの選択肢しかなかった。

で、
3気筒のTIGER800に乗ってみてびっくり。
エンジンパワーの感触的には、滑らかな4気筒と変わらないのに、
2気筒みたいなヒラヒラを感じたのがとっても新鮮だった。
実際のところは、長距離を乗ってみないとわからないところもあるけど、
きっとイケるという感触があった。

では、なぜ1050ではないのか?
これは、正直かなり迷った。
今も、ハッキリとした結論には至っていないのだけれども、
ちょっと想像してみた。
ず~っと長距離を走って疲れてきているのに、
先がどうなっているかわからない道に出くわして、
で、それでも前に進もうかどうか迷ったときに、
どっちがその気になれるか(個人差はあると思うけど)?

つまりは、それがまさしく快適性と機動性のバランスということなんじゃないのかな~と。


テーマ : バイク
ジャンル : 車・バイク

INTERのバイク公式の解

1400GTRのスペック、4気筒排気量1352CC
D-tracker125のスペック、1気筒排気量124CC
Tiger800のスペック、3気筒排気量799CC

1400GTR÷2+D-tracker125=Tiger800
1352÷2+124=800
4÷2+1=3

くだらないかも・・・・。

そして、Tiger800を入手したことによって、
INTERのBIKEラインナップは、
サッカーっぽく言うと、
4-3-2-1システムとなりました。

がんばれ松下ヨシナリ!

最近、ふと、あの前田淳選手のこととか、
三宅島でお会いした、マネージャーの浅田さんのこととか、
一緒に走ってくれた、イアンロッカー選手のこととか、
思い出していた。

そう、今月末からマン島TTが始まる。
そして、松下ヨシナリ選手の出場を知った。
マネージャーは、あの浅田さんらしい。
イアンロッカー選手は、もはや兼任監督になっているらしく、
でも、元気にKAWASAKIのマシンで出場するらしい。
走っているTRIUMPHのDAYTONA675の実物を、
はじめて見たのはイアンロッカー選手のライディングでした。
いつのまにか、KAWASAKIか・・・・。
月日が経つのはホント早い。

目新しいことがいくつかあった。
その一つが、TT-ZEROに参戦するPROZZA。
いわゆる、新興電動バイクメーカーが、マン島TTのゼロエミッションレースに参戦するということ。
まるで、黎明期のHONDAのうような気概を感じる。
松下選手は、このプロジェクトにも参加する模様。
PROZZA.jpg

マフラーがないです。
つまり、無音か・・・・?
無音のレースって、イメージが湧かない。
でも、スタイルはレーサーって感じで、
公道を走る電気バイクのイメージではない。

いずれにしても、もう少しで始まります。
レースウィークは長いです。
松下選手が、無事、全レースを完走されることを心より応援したいと思います。

テーマ : モータースポーツ
ジャンル : 車・バイク

決めました

とにかくABSモデルはいやでした。
何せ、フロントブレーキの感触が、あまりにOFF寄りなので、
INTERのようなロード寄りのバイク乗りにはほとんどしっくり来ません。
弄ろうとしたら、逆にABSが邪魔になりそうだったのと、
そのいらないものに9万円ほどかかると聞いて、
ABSなしモデルが欲しいなと考えていました。

ところが、モノがないことに気がつきました。
今後ABSなしモデルはほとんど品薄で、
希望の黒は絶望状態。
シロなら可能性アリとのこと。

正直、迷いました。
でも、黒と青にこだわる男の決意は変わらず。
最速中古交渉です。

このバイク、
1400GTRを失った穴と、D-tracker125に足りないものを補う秀逸なバイク。
つまり、INTERのBIKE公式その1
1400GTR÷2+D-Tracker125=Tiger800
KAWASAKIマニアにとって、まさしくこんなバイクではないかと思います。

Addio D-tracker125

テーマ : バイク
ジャンル : 車・バイク

もう一つのショック!

今回の事件で、どんなパーツを注文するか、いろいろ考えました。

で、結局、今のカタチが好き。
ただ、ビキニカウルをカーボン化することに決定。
ウィンカーはノーマルのままで修復。

で、ミラーなんだけど、
エーテックのミラーは、理論的には3つのパーツに分かれている。
①ミラー本体とジョイントの部分
②シャフト部分
③取り付けベース部分。
今回、破損したのは①だけなんだけど、
①と②が強固に締め付けられていて簡単には外れそうもない。
そこで、軍手を巻いてプライヤーで固定して、8mmのレンチで回してみた。
外れたことは外れたんだけど、シャフトに傷がついてしまった。。
ショック!

その上、左だけ変えれば済むと思っていたのに、
今つけているミラーが、メーカー廃盤のため、買うことができないとのこと・・・。
左だけ新パーツに変えると、左右のミラーが違うという変態バイクになってしまうため、
INTER的には、結局右も変えなければイケナイのだ。

だったら、いっそマジカルレーシングに変えてしまおうかとも考えた。
だって、補修パーツが細かく設定されていて、
たとえばミラーそのものにに損傷がない、今回のケースであれば、
ミラーとシェルが分かれているので、シェル部分だけを購入すれば済むのである。

でも、値段に負けた。
少なくとも左右のベースは使えるので、
①と②の左右セット商品を買い換えることにした。
単体で買うより安いから。
もう二度とあって欲しくないけど、
一応、スペアパーツにもなる。

それにしても、①と②のジョイント部分は、
普通にははずせない。
もう一工夫欲しいところだなぁ~。
でないと、せっかく使えるはずのシャフトが傷物になってしまう。
かといって、走っていてポロンなんてもっと困るわけで、
悩ましい問題だ。

テーマ : バイク
ジャンル : 車・バイク

油断した・・・、ショックショックショック!

昨日、福島に行って雨に降られてしまい、
急遽宿泊したINTERでしたが、
せっかくなので、不運を幸運に変えようと、
今日は、朝から日光にいました。

で、あの、愛しのZRX1200Rを倒してしまった。
ちょっとしたことだった。
確かに傾斜があった。
でも、行き先の道が気になって確認するために路肩に止めた。
地図を見た。
その時、ガリッと音がした。
目を上げた。
ZRX1200Rがちょっと前に動いた。
サイドスタンドが、コンっていう音とともに跳ね上がった。
あわてて、ハンドルに手をかけ腰を入れようとしたけど、
もうどうにもならなかった。
体を無駄に痛めただけだった。
そのままBIKEごとバタッと左に倒れた。

傾斜面に倒れてしまったので、
起こす事ができない。
バイクが通るのを待った。
ほどなく、来たバイクにサインを送ると止まってくれた。
見知らぬ方々でしたが、
本当にありがとうございました。
バイクに乗っている人なら必ず助けてくれると信じていました。

それでは、バイクを起こして損害確認。
ガソリンがかなりこぼれていましたが、
角度があったので、タンクキャップから漏れていたようでした。

まぁ、醜い姿は残したくはない。
ので、写真はNG、載せません。
左ウインカーレンズ割れ、
左ミラー全損、
クラッチレバーちょっと削れてポジション下がった。
左バーエンド傷。
ジェネレーターカバー傷。
スクリーンにも傷。
そして、最大被害はフロントカウルがバキバキ。
左グラブバーも削れたけど、おかげでリア周り完全無事。

何とか自走で帰りましたが、
厳しい状況でした。
何よりも、メンタル急降下。
あ~~~。

でも、がんばろう!
時は、大地震直後のGW。
福島の街は、結構にぎわっていました。
先々週とは、あまりに大違い。
がんばろう福島!




XR100Mのエンジンいいかも

DE耐仕様のXR100Mにすべく、
M&m君の全面的支援のもとキャブのオーバーホールと
マフラー交換を実施。

NEC_0009.jpg

タイヤはすでにDUNLOP KR337になっています。
キャブのスペーサーにパワーブースターなるものを装着。
ノーマルは、スペーサーで口径を半分くらいに絞っているようで、
それを開放するだけみたいですけど・・・。
でも、ノーマルで乗ってないので比較は不能だけど、
なんか、KSR110より低速トルク出てる感じ。





ナンバーがないと駐車場内での試乗しかできないため、
2速以上に入れられない。
5速まで入れて試したい!
セッテッィングにも必要ということで、
そこで、本日、ナンバー登録しました。
自賠は、KSR110の車両入れ替えです。

NEC_0013.jpg

そいで、10KM程度の試走しましたら、
エンジンは極めて快調!!
キャブは、PD22ではなくて、このまま行くか?!

NEC_0017.jpg


ただ、ちょっと問題がわかってきた。
まず、シフトが硬くてスムーズにチェンジできない。
クラッチの切れが悪いのかもしれない。
調整ですめばいいんだけど・・・。
それと、サスが柔らかい。
いくらなんでも柔らかすぎる。

う~~~んん・・・・。

テーマ : モータースポーツ
ジャンル : 車・バイク

Race
Race
カレンダー
04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

INTER

Author:INTER
イタリアかぶれの癖にKawasakiをこよなく愛し、MotoGPライダーを究極に尊敬し、そして、黒と青(NERAZZURRO)にこだわる男。

車暦
KAWASAKI Z400GP
SUZUKI GSX400F
HONDA VT250F
YAMAHA RZ250R
HONDA XLR250R
KAWASAKI ZZR400
HONDA CB750(RC42)
SUZUKI ADRESS110
KAWASAKI ZRX1100
KAWASAKI KLE400
YAMAHA TRX850
KAWASAKI KSR110
KAWASAKI 1400GTR
KAWASAKI D-Tracker125
HONDA XR100 MOTARD
バイクと共に人生歩みたい!

最近のコメント
最近の記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
フリーエリア
カウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター
パジャママタニティ用品パソコン周辺機器パソコンアクセサリー激安生活家電av機器 通販DVD・HDDレコーダーパーティーグッズペット用品サングラス
都道府県別アクセスランキング

ジオターゲティング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。