スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わからない

本当に、何をどうするのが正解なのかわからない。
セッティングって簡単に言うけど、
本当に難しくて、奥深い。
このバイクのどこをどうするべきなのか?
ノーマルのバイクを、簡単に弄ってはいけないと思う今日この頃・・・。

ヒトの感覚は千差万別だ。
それに、すべてが連鎖しているという事実。
さらに、耐久レースでは、自分だけが乗りやすいと思うバイクではいけないという事実。
そして、乗り方というものが、
バイクのセッティングに及ぼす多大な影響。
考え始めればきりがないし、
やり始めれば金額もきりがない。

でも、一つだだけ確かなことがある。
サーキットを走行するということが、
バイクに対する造詣を大いに深めるということは間違いないのだ。

サーキットを走る楽しみは、
全開で走ることだけではないと思う。
そうして悩み考えることも、途轍もなく楽しいのだ。
スポンサーサイト

テーマ : モータースポーツ
ジャンル : 車・バイク

DL650V-strom

なんか、SUZUKIさんが、NEW MODELのDL650V-STROMの詳細な情報を、
間違って、リークしちゃったとか・・・・。




ライバルは、
Tiger800や小BMW、Versys、トランザルプあたりか。

カウルサイドが、RF900ぽっく見えるね~。
エンジンは、SFV650を低速寄りにチューンしたものの様。
燃費は向上しているということで、
タンク容量は、22lから20lになったそうだが、
いくら燃費が良くなったといっても、タンク容量そのままのほうが・・・。
22lのままだったらすげ~航続距離だと思うけど・・・・。
これ、このバイクの売りにできたに違いない。

テーマ : バイク
ジャンル : 車・バイク

新規投入パーツリスト

いろいろ考えた。
コストと効果。
で、新たに投入するパーツを決定した。

ダイレクト.comのハンドルオフセットトップブリッジ
POSH スーパーローバー
SHIFT UP イニシャルアジャスター&強化フロントフォークスプリング
BURIAL SPL リアサス

ダイレクト.comのハンドルオフセットは、前方にオフセットされていることが決め手となった。
小さいバイクだから、ハンドルが前に低くなるほどライディングポジションが良くなると思ったから。
POSHのハンドルは、M&mくんの好みが決め手。
フロントフォークとリアサスは、まさしくコスト的な問題が決め手。
特に、リアサスはNITRONかとも思ったけど・・・・・・。
今回は封印することに。

26日は、NAPSの10%OFFセール。
逃すわけには行かないゾ~!

テーマ : モータースポーツ
ジャンル : 車・バイク

XR100Mの仕様変更について

今日は、仕事が上の空だった・・・。

昨日の衝撃が頭から離れない。
あまりのマシン性能差に、
ストレートで、ただただ抜かれるだけの周回が続いた。

コーナーでは、車体が定まらず、
とても怖かったし。
そのうえ、シフト壊れちゃったし・・・・。

それで、いろんな人と話して、
参戦の目的というか、
気持ちを固めようと思った。
そうでなかったら、
萎える。

その中で、
昨日、Nチビ君が言っていた、
ストレートでのブレは、
どうやらノーマルサスだと、起こりえることのようだとわかった。
われわれより、遥かに体重の軽いNチビ君にだけ起きたというのも、
偶然ではないかもしれない。

さて、昨日の走行の収穫は、燃費だ。
ノーマルキャブにパワーブースター、
フルノーマルエンジンにエアクリーナー装着状態は、
他車に比べて、ひどく遅い。
でも、使用したガソリンが1周約0.13625l
目標110周とすると、110X0.13625=14.9875
理論上は、15lで足りることになる。
つまり、4回給油で行ける計算が成立するのだ。
だとすると、6回フル給油する人たちより20分多く走れる。
かなりリスキーだけどネ!
つまり、20X60/110=10.9
同じ周回を、6回給油して回る場合より、
1周10.9秒のマージンがあることになる。

6回給油の場合、
60分は止まっているわけなので、実走行は6時間だ。
だとすると、110周するための平均ラップタイムは、
6X60X60/110=196.36
3'16.36となる。
4回給油作戦で与えられたマージンを考えると、
3'26.45でいいことになる。
この作戦イケルかも・・・。

それに、足回りを改善すれば、
さらにタイムを縮められる余地があったと思うし、
メタリカのブレーキパッドの効き方はびっくりするほどスゴイ。
できるだけ、ブレーキタイムを短くする走り方ができれば、
燃費、タイムどちらにもいい効果があるに違いない。

結論、
今回は、信頼性と燃費重視で行こう。
抜かれまくっても、ひたすら耐えて走り続ける。
そんな、耐久レースならではの醍醐味を楽しんじゃおう。
で、仕様変更は、
フロントフォークとリアサスペンションのみ。
この二つを、ノーマルから追加で変更しようと決意したわけです。
エンジンは燃費と信頼性の勝負、このまま行くゾ。
レース当日は、きっとかなり暑いので、高性能エンジンほど熱に苦しむはずだ。
われわれは、ダラダラ走り続ける作戦で行くのだ。

後は、ライダーのがんばり次第だネ(笑)。

テーマ : モータースポーツ
ジャンル : 車・バイク

DE耐公式練習で走った

 今日は、DE耐の公式練習日。
いきなり、遅刻でゴメンナサイ。
前日のHeavyな飲み会が響いて、完全に二日酔い。

さてさて、DE耐について一言。
高い、めんどくさい、誰に聞いたらいいのかわからない。

高いは、つまりは、お金のこと。
初心者にも門戸を開こうとしている努力には敬意を表したいと思います。
が、お金の取り方がセコイというか、細かいというか、
何のお金を払っているのかわかりづらい。
こんなになんだかわからないお金を払わされたら、
みんないなくなっちゃうよ。

面倒くさいは、手続きの話。
完全に責任回避の理論だと思うけど、
1日に、同じ人から、同じ話2回聞かされたうえ、
そのうえ、同じようなビデオを見させられた気分だ。
いくらなんでも、しつこすぎるよ。
吐きそうだったし、最後はみんな寝てた。
寝て当然だと思ったヨ!
結局、物理的に、昼メシは3時過ぎてからじゃないと食えない日程になってしまった。
ホントは、もっと早く昼メシ食えたよね。

誰に聞いていいのかわからない。
これ、たらいまわしってやつに近い。
DE耐事務局とライディングハートのどっちに聞けばいいのか?
いつも間違ってしまうのです。
初めてだから、わからないというだけのことでしょうか。

このように、複雑にしなければいけない理由はきっとあるのだと思います。
ライダーの責任が問われている部分もあるのだと思います。
もし、そうだとしたら、
この状況は、ライダー自信が招いたことなのかもしれません。

さて、本日の結果。
4人のライダーは、とりあえず無事走りましたが、
走りきったとは言えません。
私、INTER不本意でございます。
おそらく、Nチビくんもそうでしょう。
チームで決めた9000回転しばりの意味、取り違えてましたから(大笑)!
君は、もっともっと速く走れるよ。

それで、INTERの不本意の意味は、
毎ラップタイムを縮めていたわけですが、
これからというときに、シフトにトラブルが発生してしまい、
シフトアップもダウンもできなくなってしまったのです。
シフトペダルが亡くなった・・・・。

その周の最終コーナーでコースアウト。
シフトダウンができずに、もたついてしまい大きくタイムロス。
それでもシフトダウンができないが、ピットロードに戻ることもできないので、
おそらく3速くらいで発進。
ホームストレート右側でエンスト寸前だったけど、なんとか持ち直した。
それから1周して、シフトがどうにもこうにもならなくなって、
やっと、シフトペダルがないことに気づきあきらめた。

走行時間30分を残して終了となってしまいました。
なんとも、残尿感が・・・・。

RED-BKさんは、ベストリザルトを記録。
タイムだけでなく、燃費もです。
すばらしい。
チーム全員の目標タイム、目標燃費となります。
同じマシンですからね!

M&mくんとBKさんは、
寝ずに参戦してくれました。
本当に、お疲れ様でした。

しか~し、BKさんを除く3人は、
悔しいので、コソ練を企でようとするのでした・・・・(笑)。

おしまい。

テーマ : モータースポーツ
ジャンル : 車・バイク

マン島TTはヤマ場

松下ヨシナリ選手が参戦中のマン島TTレースは、
スーパーバイクの決勝が行われました。

やっぱりすごい。
motoGPがチャンチャラおかしくなるような、
モータースポーツを超えた、ぜんぜん違う迫力。
興奮度合いがMAXに達するよ。

MotoGP以上に、絶対にできないと感じる、
最強、いや最狂、最凶の・・・・だと思う。

ぜひ一度、見てみてください。
44ma2.com

TT Isle of MAN

テーマ : モータースポーツ
ジャンル : 車・バイク

にいがた:::

関越から上信越と経由して、
上越から海沿いを走った。
気持ちいい。
NEC_0047.jpg

それから、山へ向かって走った。
どっか、関越のインターに出られることを祈って。
1400GTRでは絶対にできない超テキトーなプラン。
これができるのがすばらしい。

上越へ向かう途中、高速の黒姫高原あたりで、ODO480Km突破。
6,000回転までまわせるようになる。

5,000回転だと、最高速が114km程度。
6,000回転だと、125km程度までいける。
高速道路上ではかなりの差だ。

でも、下に降りちゃえば、
あんまり関係ない。
Brutaleみたいな走りを求めているわけじゃない。
5,000回転回せれば十分普通に走れます。

で、山へ向かって、峠を走る。
・・・・・・。

やはり、そういうバイクではなかった。
激しく、違う。
Fブレーキも、マスターを変えただけじゃぜんぜんフィーリングは合わず、
下りでは、フロントがボトムまでいっちゃった感じがする。
でも、INTERの乗り方がオンロードな感じになってしまっているので、
この不満は仕方がない。
というのも、このようなセッティングは、間違いなく意図的なものだと思うからだ。

ただ、そうではないバイクであるが故のメリットもいっぱいあるのだ。
そもそも、こんな山までBrutaleだったら来る気もしない。
文句あるなら、Brutaleでココまで来てみろと言われてしまいそうだ。
はい、Brutaleでココまで来れません。

燃費は20Km/lくらいは走ったかな。
総走行距離は、予定より100Kmオーバーの約700Kmでした。
初回点検後のODOメーター、
NEC_0038.jpg
あと10km走ると、960Km。
クリアすると、7000回転まで行けます。

さて、どうなるでしょうか・・・。

テーマ : バイク
ジャンル : 車・バイク

納車した

自分のバイクとして乗ってみて、
何もかも、すべての程よささに感激。
良くできている。

アグスタのガサツだけどスゲ~~楽しいみたいな感覚と
日本車の緻密で万人に受け入れられるやさしさのような感覚を、
同時にソコソコ満たしてくれる。
これは、もう、新しいバイクの感動を貰えたということなのかもしれない。

パワーはジェントル。
低速でのトルクの出方もジェントル。
ブレーキの味付けもジェントル。
もちろん、ポジションもジェントル。

尖ったところを感じない。
余計な心配を感じない。
余計な振動を感じない。
そして、ホントに疲れを感じない。

中古車、走行170kmで買ったバイクだけど、
コレは、Brutaleに次ぐ大成功の買い物かもしれない。
何せ、INTERが今までツーリングバイクに思い描いた姿を、
絵に描いたようなバイクなのだ。

さらに、特筆すべきは、車体のサイズが程よくて、
日本国内で標準的な体格の日本人が乗るなら、
この手のバイクとしては、おそらくBESTなデュアルパーパスツーリングのポジションだと思う。
イギリスのトライアンフが、こんなバイクを作ってくれたことは本当にうれしいことだ。

反面、日本の4大メーカーにも・・・。
と、つい、思ってしまう。

とにかく、明日は、何も考えずに600Km走破したい。



テーマ : バイク
ジャンル : 車・バイク

明日納車予定

さて、いよいよTiger800納車が明日に迫ってまいりました。
純正オプションは、いまのところ何ひとつありません。
ただ、家にあったETCを再セットアップして取り付けしてもらったことと、
もうひとつ。
これがINTERのこだわり。

Fブレーキ。
あのフニャチン感が気持ち悪いと、
そこだけにはこだわった。
たまたま家にあったラジアルブレーキマスターを装着。
NISSINの17φ。
ノーマルブレーキマスターが横型14mmなので、
ピストンのサイズ的にはぴったりだ。

でも、取り付けには、プロの技が必須だと思う。
マスターからのホースの出所が変わってしまうので、
ホースの方向によっては、
取り付けのちょっとした角度の違いで、サイドのカウルに干渉してしまい、
右にフルロックできない事態が起こってしまうからだ。

かなり、ご苦労いただいて、
必殺の取り付け作業が進行し、
本日、うまく取り付けができたということだ。
楽しみだ。
明日見てみよう。

どれくらい初期制動のカッチリ感が出ているか。
そのために、こんなに苦労させたんだから。

こんな無理な要求に、
キッチリ答えを出してくれた、TRIUMPH埼玉南さんに、
感謝したいと思います。
いいお店だ。

テーマ : バイク
ジャンル : 車・バイク

Race
Race
カレンダー
05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

INTER

Author:INTER
イタリアかぶれの癖にKawasakiをこよなく愛し、MotoGPライダーを究極に尊敬し、そして、黒と青(NERAZZURRO)にこだわる男。

車暦
KAWASAKI Z400GP
SUZUKI GSX400F
HONDA VT250F
YAMAHA RZ250R
HONDA XLR250R
KAWASAKI ZZR400
HONDA CB750(RC42)
SUZUKI ADRESS110
KAWASAKI ZRX1100
KAWASAKI KLE400
YAMAHA TRX850
KAWASAKI KSR110
KAWASAKI 1400GTR
KAWASAKI D-Tracker125
HONDA XR100 MOTARD
バイクと共に人生歩みたい!

最近のコメント
最近の記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
フリーエリア
カウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター
パジャママタニティ用品パソコン周辺機器パソコンアクセサリー激安生活家電av機器 通販DVD・HDDレコーダーパーティーグッズペット用品サングラス
都道府県別アクセスランキング

ジオターゲティング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。