スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナナハン

INTERの個人的な考えですが、
ライディングの基本を学ぶのに最も適しているバイクは、
現代においては750ccなんだろうと思う。

昔のナナハンに比べて、
格段に軽くコンパクトになったし、
パワーも充分にある。

そう考えると、
不遇の名車たち
ZR-7とか、GSF750とか、INTERが若気の至りで初めて乗った大型バイクGPX750Rとか・・・。
今、とっても乗ってみたいと思うわけです。

しかしながら、絶対的なタマ数が少ない。
今日のGoobikeで検索したら、
ZR-7が全国で18台、GSF750が14台、GPX750Rにいたってはたったの5台。
今や、このクラスは400クラスに次いでお寒い状況ですよ・・・。

特に、GPX750Rはいいバイクだと思う。
INTERが知る限り、
KAWASAKIがはじめての750専用設計をしたバイク(ザッパーは650ccだから)で、
コンパクトで扱いやすかった。
今となっては、いろんなことが気になるけど、、
でも、そこを自力でナントカすれば絶対にいいバイクになるんだと思っている。

免許制度とか、レースのホモロゲとか、
そんなん抜きで、
バイクのちょうどいい排気量としての750ccがもっともっと注目されて欲しいな~・・・。

ナナハンという言葉の響き。
心地よい憧れを感じるものだった。
ノスタルジーに浸ってばかりいてはいけないかもしれないけど、
でも、あの憧れのナナハンを自在に操りたいという想いは、
今も、INTERの心の奥底の深~い処にあるのでした。


スポンサーサイト

テーマ : バイク
ジャンル : 車・バイク

コメント

非公開コメント

No title

イルカディアさん、Ciao!

バイク選びに迷いは一切ありません。
ご心配なく!

No title

めろんさん、Ciao!

中間排気量のバイクって、
小排気量のバイクに乗っている人から見ると大きくて、
大排気量のバイクに乗っている人から見ると小さい。
でも、そこに最高のバランスがあるのかな~、
なんて思ったりしています。

僕らは、いつの時代でも、経済的な問題とか、
法律や規則(ホントにくだらないものも含めて)とか、
バイクそのものの楽しさ以外のことに縛られてきたんで、
バイク本来のポテンシャルが感じにくい世の中を生きていたんですね~。
その象徴が「ナナハン」という言葉です。

めろんさんのいろんなチャレンジには、INTERも勇気付けられてま~す!

No title

sad_macさん、Ciao!

そうですよね~。
750がステータスの時代でしたからね~。
わかってもらえて嬉しいです。

確かに、今は600も面白いクラスだと思います。
でも、各メーカーとも商売ベースなんで、
免許制度とか、排ガスとか、規制が変わると全てが変わっちゃいますから、
なんだか、その辺の歴史を思うと、
ちょっとセンチメンタルジャーニー(笑)・・・。

ナナハンは

こんばんは。

わたくしは「ナナハン」と言う言葉には愛着や憧れは全くありません!それは 20年前に限定解除する以前の話しですが、試験場に行くようになった理由がモトグッチ・ルマンⅢに乗りたかったからです。試験場のCB750FやKは試験の為のバイクでしかなかったし、巷のナナハンにも興味がなかったからです。ホンダが世に送り出した排気量が750ccでおのずと国内の基準になった感のある排気量・・・KawasakiのZ900開発チームを苦しめた排気量!(Kawasakiは本来の900ccで国内販売したかったのは有名なはなし) わざわざスケールダウンする必要に迫られた。KawasakiならZ1Rクラスのバイクが欲しかった。しかし・・・初めて買った大型は、ZXR750でした。ナナハンですね・・・でもナナハンって思ったことはなかった。Kawasaki初のレーサーレプリカ!そこに惚れたかな。 INTERさんがKawasakiの古い500ccツインを選ぶのか? ヤマハの125ccを買うのか? アグスタを買うのか? やっぱりKawasakiの750cc4気筒が欲しいのか? 何をチョイスしようとしているのか? 全く読めません!4台あれば増車しなくても十分だと思うけど・・・でもバイクは欲しくなると買ってしまうのがヤバイです。とにかく悩んでみて下さい!わたくしのお勧めはDトラッカーXです。基本を覚えるならこれしかありません!でも INTERさんが「これっ!」と思ったバイクを衝動買いして下さい!バイクには衝動買いをさせる「何か」があります。「ここが良い」「あそこは駄目」なんて合理的なことよりも 理屈抜きに直感で選んだものはいつまでも乗り続けるモノです。

蛇足:
ルマンⅢに乗りたくて20年前に限定解除後に買ったのが赤/黒/メタリック/ZXR750その後やっぱりKawasakiライムグリーンが欲しくて輸出仕様のライムグリーンZXR750を買いました、程度の良いルマンⅢをみつけたのでルマンⅢも買いました。二台同時ローンを組むことになりましたが欲しいバイクのためなら平気でした。

追伸:
現時点 オークションでZR-7が出品していました。タンクの凹みがありますが、練習なら良いと思われます。

No title

「ナナハン」っていう響きは良いですね。
その世代ではなく、しかもナナハンを通り越して
大きいのに乗っちゃいましたが^^;
でもそろそろその間の排気量バイクに活気が戻ってきそうな気がします!
大型教習開始から12年位かな?
ナナハンブーム再来先駆者としてカワサキさんに頑張ってもらいたいですb

激しく同感です

そもそもバイクに興味を持ったのが「750ライダー」なもので、「ナナハン」って言葉の響きだけで、白飯3杯はいけますね。
今でこそリッターバイクが街中にいっぱいいますけど、私が若い頃は「限定解除=ナナハン」みたいなノリでしたから。
そして、個人的には600ccカテゴリーにもちょっと期待してたりします。
Race
Race
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

INTER

Author:INTER
イタリアかぶれの癖にKawasakiをこよなく愛し、MotoGPライダーを究極に尊敬し、そして、黒と青(NERAZZURRO)にこだわる男。

車暦
KAWASAKI Z400GP
SUZUKI GSX400F
HONDA VT250F
YAMAHA RZ250R
HONDA XLR250R
KAWASAKI ZZR400
HONDA CB750(RC42)
SUZUKI ADRESS110
KAWASAKI ZRX1100
KAWASAKI KLE400
YAMAHA TRX850
KAWASAKI KSR110
KAWASAKI 1400GTR
KAWASAKI D-Tracker125
HONDA XR100 MOTARD
バイクと共に人生歩みたい!

最近のコメント
最近の記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
フリーエリア
カウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター
パジャママタニティ用品パソコン周辺機器パソコンアクセサリー激安生活家電av機器 通販DVD・HDDレコーダーパーティーグッズペット用品サングラス
都道府県別アクセスランキング

ジオターゲティング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。