スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

排ガス規制よりも大問題の音規制

これまで、逆輸入車について考えてきましたが、
大きな壁にぶち当たりました。
それが、音規制問題です。
はっきり言って、馬力規制なんて撤廃したって、
何の意味ないかもしれないほどの大問題です。

排ガス規制は世界統一基準に向かって進んでいます。
それは自然環境問題がグローバルな問題だから当然の事だと思います。
しかし、音の問題は、きわめて狭い範囲の環境問題なので、
各国独自基準で問題ないのでしょう。
日本の基準は突出して厳しくなりそうです。
つまり、馬力規制を撤廃し、EURO3基準をクリアしていても、
音基準で日本で販売できない可能性が出てきたという事です。

1400GTRも音基準をクリアできるかどうかはわかりません。
なにせ、加速走行音の基準は、
ロードノイズやエンジンのメカニカルノイズまでを含めたものをいい、
タイヤ、チェーン、エンジンあらゆるところから発せられる音が問題になるからです。
今の新車でも厳しいらしい。

国土交通省の言い分はこうだ。
「自動車の消音器(マフラー)を交換すること等により、大きな騒音や人が不快と感じる騒音をまき散らす自動車が後を絶たない状況にあり、大きな社会問題となっています。国土交通省では、これらの自動車による騒音問題改善のため、道路運送車両法施行規則等関係規則(自動車騒音関係)の一部改正を予定しています。」

それにしても、お役人の考える事は稚拙極まりない。
俺は断言する。
こんな基準変えたって、絶対騒音公害は何も変わらない。
だってそうでしょ。
騒音を出しているのは、今の基準すら守っていないやつらなんですよ!
先にやるべきなのは、基準の問題ではなく、
騒音に対する取り締まりの強化であるはずだ。
全く、この勘違い国土交通省には腹が立ってしょうがない。
なんかの点数稼ぎか?

熱く言いたい。
ザル法をいくら変えたって無駄だ。
マフラー業者の経営をいたずらに圧迫し、
二輪メーカーの開発コストを増大させ、
ユーザーにすべての不利益が降りかかってくるだけだ。

このコラムに、問題のすべてが凝縮されていると思います。

http://journal.mycom.co.jp/column/motorlife/025/index.html


久しぶりに熱くなったぜ!



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

irukadiaさん、Ciao!
ツーブラザーズレーシングのマフラーカッコイイですね。ぜひ、ブログに写真UPしてください。なんか、ホームページに1400GTRもラインナップされてましたね!あれかっこいいな~・・・。
話がそれてしまいました。
日本のモーターサイクル事情は、ご指摘のとおりだと思います。そして、自分なりに楽しめる事が一番大事なのだと思います。ただ、規制に縛られた範囲内でしか楽しめないわけですから、それをきつく縛られたら楽しめなくなってしまいます。自分は、それを憂慮します。
ぜひ、ツーリングご一緒したいですね!

マフラー換えましたよ♪

こんばんは、昨年の東北自動車道ではノーマルのZZR1400でした。今はツーブラザースレーシングのオーバルカーボンサイレンサです。今のところ検問等で違反切符を切られたことはないのですが、最近はインナーバッフルを装備しました。雑誌等で取り締まりが厳しいと噂されるからです。
 ここからは わたくしの個人的な意見です、バイク自体 大昔からアウトロー的な存在だと思っています。日陰的な・・最近は社会的な地位を求める動きがあるけど、所詮は日本にはクルマ・バイク文化は根付くことはないと感じています。元来ヨーロッパの文化だからです。戦後の日本で、小さな町工場規模の工場が技術を切磋琢磨して創ったバイク達は今は世界一に成長しただけで、官庁は変わらないのでしょう。わたくしは、そんな日本でバイク(モーターサイクル)をわたくしなりに楽しんでいますよ。輸送用トラックが仮眠するサービスエリアの片隅でそ~っと休憩したり、トラックの運転手さんの横で立ち食いうどんを食べたり、高速道路や一般道をクルマの邪魔にならない様に走れるだけで、わたくしは満足していますよ。
先週は、箱根一号線・箱根新道・伊豆スカイラインなどワインディングを楽しんで来ました。クルマの少ない道路を選ぶのも楽しいです、管理人さんが1400GTRを購入されたら一緒に走りましょうね。

ツアラーさん、こんにちは!
お役人は規制でしかその存在をアピールすることが出来ない悲しい習性があるようです。
もし、規制を完全に撤廃したら、自分たちの存在価値がなくなるのではないかと不安でしょうがないのかもしれません。
1400GTRが音規制をクリアできるかどうかは、川崎重工様の取り組み次第だとは思います。本気でやってくれれば恐らく大丈夫なはずです。
ただ、日本で売る気がなければ、無理かもしれません。
マフラーなんて変えないから、お願いだから通して!そのように国土交通省に陳情したいです(笑)。

おはようございます!
せっかくINTERさんのおかげで馬力規制が廃止になったのに新騒音規制のせいで国内フルパワーが危うくなってきましたね。。。
ほんとお国様はやっとひとつしょうもない規制を廃止したかも思えば、またひとつしょうもない規制を作ろうと・・・アキレテ。。。^^;
先日ショップで1400GTRのエンジン音を聞かせてもらいましたが、これホントに1400cc??ってくらい静かですごく驚きました!!以前乗ってたD型ZZR1100のがぜんぜん迫力があって・・・
これだけ静かなバイクを更に新騒音規制で縛ってどうする!!って感じですね!
ほんとに街を静かにしたいのならデシベル計をすべての警察車両にばら撒いて街頭取締りバンバンやってくれよと!
規制はそれからでしょう!!ねぇ!!

FZRさん、Ciao!
これひどいでしょ~。
日本の二輪に対する文化レベルの低さに、やるせない気持ちでいっぱいです。
1400GTRの発売が昨年だったら、
この重大問題にもう少し早く気がついただろうし、
国土交通省が募集したパブリックコメントにも、
自分の意見を送れたのかと思うと、とても悔しい気持ちです。
せめて、このBLOGで吼えてやる~~~!
P.S 
大型免許どうですか?
がんばってください。

同意します!

一難去ってまた一難、という感じがします。
先日、二輪業界関係者の方とお会いした時、「無茶な数字」と言ってたのを思い出しました。
この規制を決める人間は、明らかにバイクなんて、しかも逆車なんて乗ったことないでしょうね…
私も、今欲しいバイクは、逆車の中でしかない、と言っても過言ではありません。
それだけ、国内モデルがしょぼすぎる。
この規制が悪循環になり、二輪業界がさらに低迷する恐れすら感じます。
まぁ役人なんて「二輪なんてなくなってもいい」と思ってるかもしれませんが…
世界に誇る4大メーカーを抱えるお国がこれでは、呆れてモノが言えません。
Race
Race
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

INTER

Author:INTER
イタリアかぶれの癖にKawasakiをこよなく愛し、MotoGPライダーを究極に尊敬し、そして、黒と青(NERAZZURRO)にこだわる男。

車暦
KAWASAKI Z400GP
SUZUKI GSX400F
HONDA VT250F
YAMAHA RZ250R
HONDA XLR250R
KAWASAKI ZZR400
HONDA CB750(RC42)
SUZUKI ADRESS110
KAWASAKI ZRX1100
KAWASAKI KLE400
YAMAHA TRX850
KAWASAKI KSR110
KAWASAKI 1400GTR
KAWASAKI D-Tracker125
HONDA XR100 MOTARD
バイクと共に人生歩みたい!

最近のコメント
最近の記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
フリーエリア
カウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター
パジャママタニティ用品パソコン周辺機器パソコンアクセサリー激安生活家電av機器 通販DVD・HDDレコーダーパーティーグッズペット用品サングラス
都道府県別アクセスランキング

ジオターゲティング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。