スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KSR110の見積もり

今日は、KSR110の見積もりをしてもらった。

事務所の向かいにあるSOXさんには、
黒と青にこだわる男にとっては、
非常に魅力的な中古車があって、
走行200kmの黒青の2007モデルがあった。
車両価格179,000円。
もろもろの諸費用込みで、212,790円。
ただし、ドノーマル。
”もてぎ”で走るためには、
最低でも10万以上の改造費がかかる。
ただし、KLE400の下取りは120,000円。
先日MSLさんの80,000円より、
40,000円も高い。
支払い総額92,790円。
ちょっとクラっと来た。
ちなみに、アドレス110の見積もりは60,000円
2台下取りすれば、支払いは39,790円。
おこずかいで払えてしまう。

MSLさんでは、
そのままSTクラスに参戦できる、
カスタム車両の概算見積もりを提案していただきました。
しかも、新車で。
参戦するためにはレギュレーション上必須ではない、
交換自由のフルエキのマフラーやバックステップも込みです。
これらのパーツの値段は結構お高いもんだ。
それで、工賃も諸費用も全部込みで約40万。
これは、はっきり言ってお買い得です。
それはよくわかります。
ただ、KLE400の下取り価格は80,000円。
SOXより、4万円も低い。
う~ん・・・。

デコラァレさん、
今日はいろいろと教えていただいてありがとうございました。
一番感じたのは、
初心者が、サーキットで早く走れるようになるためには、
もっともっとバイクの基本的なことを
しっかり学ばなければならないという事です。

ノーマルマシンからはじめたほうが、
いろんなことを学ぶことが出来るのではないだろうか?
と素直に思いました。
そして、パーツを入れ替えた効果というのも実感してみたい。
そういう気持ちもあります。
それと、1400GTRの件もあるので、当然、資金的な問題も大きいです。
資金的には、この2台を同時に手に入れるとしたら、
1400GTRのサスをあきらめてリンク式にするとか、
色はニュートロンシルバーのまんまにするとか、
何らかの妥協が必要になってしまう。
1400GTRを来年に回して、KSRを優先するなら、
STクラスのマシンを手に入れるのもありですが、
しかし、それでは優先順位が当初と逆転してしまう。
でも、自分の目標は、STクラスで”もてぎ”のレースを走る事・・・。

ノーマルのKSR110とお買い得なSTクラスのカスタムマシン。
どちらも捨てがたい。
1400GTRのことから始まって、
いろんなことが絡んで、実に複雑な事態になってしまった。
またまた、「バイクの本当の魅力って何だろう?!」の
迷宮に入り込んでしまった・・・。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

Race
Race
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

INTER

Author:INTER
イタリアかぶれの癖にKawasakiをこよなく愛し、MotoGPライダーを究極に尊敬し、そして、黒と青(NERAZZURRO)にこだわる男。

車暦
KAWASAKI Z400GP
SUZUKI GSX400F
HONDA VT250F
YAMAHA RZ250R
HONDA XLR250R
KAWASAKI ZZR400
HONDA CB750(RC42)
SUZUKI ADRESS110
KAWASAKI ZRX1100
KAWASAKI KLE400
YAMAHA TRX850
KAWASAKI KSR110
KAWASAKI 1400GTR
KAWASAKI D-Tracker125
HONDA XR100 MOTARD
バイクと共に人生歩みたい!

最近のコメント
最近の記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
フリーエリア
カウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター
パジャママタニティ用品パソコン周辺機器パソコンアクセサリー激安生活家電av機器 通販DVD・HDDレコーダーパーティーグッズペット用品サングラス
都道府県別アクセスランキング

ジオターゲティング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。