スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Vロッシはやはり偉大だった

ランディ ドピュニエが2位表彰台!
やってくれました。


レースは、天気に左右される展開で、
なんとも言えない展開に・・・。
ほんと、レースってドラマですね~。
あんなに絶好調だったペドロサがコケて、
全く注目していなかったカピロッシが優勝なんて、
誰が想像できただろうか?

そんな中、
やっぱりロッシは偉大だと思った瞬間がありました。
ウェットレースの中、
徐々にペースダウンするトップグループに追いついた後、
ロッシもマシン交換して一周目。
僕の目の前の90度コーナーで、ロッシがコースアウト。
遅れを取り戻すための渾身の走りだった。
ダウンヒルストレートからのスーパーハードブレーキング!
この時は、突っ込みすぎた、ただの失敗だと思っていた。
ピットに戻って、あ~諦めたのかと思ったら、
またコースインして、
全く同じチャレンジをしたのです。
ダウンヒルストレートからのスーパーハードブレーキング!
その時わかりました。
ロッシのハンドルが大きくブレて、コントロール不能状態である事が。
何らかの理由で、フロントサスがフルボトムで問題ありのよう。

これでもう年間チャンピオン決定で、
さすがのロッシも諦めてピットに戻るだろうと勝手に思っていた。
マシンがあれじゃアタックなんてできっこない。
ところがどっこい、ロッシは走り続けました。
もう、ダウンヒルストレートからのブレーキングも早めで、
なんと言うか安全運転。
でも、抜かれないし、
普通に走れているみたいに見えるのです。
とても、問題のあるマシンに乗っているとは思えないのです。
何事もなかったかのように最後まで走り抜き、
無事、チェッカーを受けました。

それが、今日最大の驚きでした。
すごい事がすごい事に見えないことがすごい。
おそらく、その場にいなければわからないでしょう。
やっぱり、レースはコースで見なくっちゃ!
もっと、皆がサーキットに来てくれたらいいのに・・・。

僕はとてもいいものを見せてもらいました。
ロッシの渾身のハードブレーキング。
決して諦めない心の強さ。
マシンが完璧でなくても、速く走らせる能力。
そして、どんな結果でも受け入れて、
仕事を全うしようとするプロフェッショナルとしてのプライド。

ポルトガルの表彰台でのロッシ。
やっぱり中央が良く似合う。

年間チャンピオンは逃したとしても、
すべてにおいて、ロッシはやっぱり偉大だと、
再認識できた素晴らしい1日でした。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

Race
Race
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

INTER

Author:INTER
イタリアかぶれの癖にKawasakiをこよなく愛し、MotoGPライダーを究極に尊敬し、そして、黒と青(NERAZZURRO)にこだわる男。

車暦
KAWASAKI Z400GP
SUZUKI GSX400F
HONDA VT250F
YAMAHA RZ250R
HONDA XLR250R
KAWASAKI ZZR400
HONDA CB750(RC42)
SUZUKI ADRESS110
KAWASAKI ZRX1100
KAWASAKI KLE400
YAMAHA TRX850
KAWASAKI KSR110
KAWASAKI 1400GTR
KAWASAKI D-Tracker125
HONDA XR100 MOTARD
バイクと共に人生歩みたい!

最近のコメント
最近の記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
フリーエリア
カウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター
パジャママタニティ用品パソコン周辺機器パソコンアクセサリー激安生活家電av機器 通販DVD・HDDレコーダーパーティーグッズペット用品サングラス
都道府県別アクセスランキング

ジオターゲティング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。